恕のたより vol.41

新入生との対面式・オリエンテーションの開催

-学校長通信第41号-     学校長 高野 茂

4月6日(金)に青照館で入学式が行われ、8日(月)には青照館と駅前校の両校で学年優秀者の表彰、対面式、オリエンテーションなどが行われました。私も両校に出席して、挨拶をしました。その概要を簡単に紹介します。

新入生は昨日の入学式で入学が許可され、本日の対面式をもって名実ともに本学の学生としてスタートを切ることになります。学校は新たな人との出会いの場です。同級生、先輩、先生方に出会い、実習地をはじめ地域の方々に出会う場なのです。その中で、あらためて自分づくりが始まり、新しい自分との出会いともなる場なのです。人は出会いにより、それからの人生を大きく左右される場合があります。特にこの時期の出会いでは親友を得たり一生の師と仰ぐ人を得たりします。本学は高校と違い年齢差や経験も違う学生さんの集まりです。それとともに同じ医療系の進路目標を持っている集団で、共通している部分も多くあります。それだけに共有できる話題も多いのではないかと思います。講義をはじめ部活動や学校行事など沢山の出会いを大切にしてください。
先日の入学式では、三つのことをお願いしました。
「初志貫徹」
心に秘めている志を最後まで貫き通す「初志貫徹」。皆さんはこれから様々な困難や挫折に遭遇します。その時、入学したときの初志に立ち戻り、気持ちを奮い立たせ困難を克服してください。また、「雨滴、石をうがつ」のことわざの如く辛抱強くコツコツと努力すれば、何事も成し遂げることができると確信しています。ねばり強く努力を重ね、初志を実現されることを強く願っています。
「恕」・・思いやりの心
二つ目は、他人を思いやる「恕」の心です。孔子は「己の欲せざる所は人に施すことなかれ」といっています。この私の便りも「恕」を採用しています。これからも機会あるごとに皆さんに訴えていきたいと思います。
「コミュニケーション力」
昨年の新入社員に求めることで尤も多かったのが「コミュニケション能力」という報道がありました。これから先、益々重視されると思いますので、ぜひ、この力を磨いてください。

みなさんが今日の出会いを大切にするとともに、一人ひとりが目標達成のために力を合わせて頑張ってくれることを願って挨拶とします。

恕のたより vol.40

4職種説明会でゲストに巻誠一郎さんを招き特別講演会

-学校長通信第40号- 学校長 高野 茂

3月9日(土)に本学で医療四職種説明会が開催されました。参加者は保護者等を含めて146名でした。ご来校の皆様ありがとうございました。
説明会では、最初に理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚療法学科、看護学科の四つの職業について様々な体験をしながら説明がありました。ストレッチ、調理動作体験、聴力検査、血圧測定など皆さん、興味深く取り組んでおられました。その後、元サッカー日本代表で一月に引退された巻誠一郎氏を特別ゲストとして招き、特別講演を行いました。
巻誠一郎さんの経歴を簡単に紹介します。

下益城郡小川町(現宇城市)生まれ。
サッカーの名門熊本県立大津高校に進学、冬の選手権全国ベスト8、駒沢大学進学、2002年に関東大学リー初優勝に導き得点王、2003年ジェフユナイテッド市原に入団、2005年に日本代表に選出、2006ワールドカップドイツ大会の日本代表に選出、2010ロシアのプレミアリーグ、アムカル・ベルミに移籍、その後中国リーグ移籍、2011東京ベルディーに加入、
2014ロアッソ熊本に完全移籍、2016年熊本地震で、復興支援に尽力
2019年1月に引退。

講演では、これまで巻さんが経験されたことをもとに社会に出るにあたって大切なこととして、4つのことを話されました。
1 目的志向力・・いきなり大きな目標ではなく、届きそうで届かないところに目標を置く。
2 思考力・・自分の立ち位置を理解したうえで、考えることが重要.自分のことを知り、短所を長所に変えていく思考が大切である。
3 コミュニケーション能力・・コミュ能力は言葉だけではない。人がしたくないことをやる。誰かのため、チームのためにサッカーをやる。気持ちでつながること、これもコミュ能力
4 実行力・・行動しないと始まらない。まず行動すること、チャレンジすることが大事、過去は変えられないというが、過去はいくらでも変えられる。成功した人の側にいること。

そして、これまで巻さんが世界的に成功した人たちと接して感じた共通性は
1 素直な心
2 あきらめない心
3 感謝の心
という心の持ち方であることを話され講演を締めくくられました。

講演の後、質問の受けてもらい、数名の生徒さんが質問されました。
これまで、世界を舞台に活躍した経験を持つ人だけに、訴える言葉に力があり、聴衆を魅了しました。
巻誠一郎さん。ご講演ありがとうございました。

恕のたより vol.39

朝のあいさつに迎えられて気持ちいい一日を

- 学校長通信第39号 -      学校長 高野 茂

看護学科は八月末から後期が始まっていますが、理学療法学科・作業療法学科も今週から後期の授業が開始されました。今年の夏は、猛暑が続いて、至る所で最高気温が塗り替えられたようです。
また、先週の六日午前三時には、北海道胆振地方中東部を震源とする地震が発生しました。地震の規模は6.7で最大震度は震度七を記録しました。私たちは二年前に熊本地震を経験しましたが、皆さんの中には、あの時の恐怖がよみがえってきた人もあるのではないかと思います。私の友人も震源の近くの高等学校に勤務されており、大変だったのではないかと心配しているところです。
さて、今週は朝から自治会の学生諸君が校門入り口に立ってあいさつ運動をはじめました。あいさつは人と人とのコミュニケーション手段として重視されていますし、何よりもすがすがしい気持ちになります。私は、この学校に勤めてお世話になっていますので、学校にはいるとき、出るときには感謝を込めて一礼するようにしています。
後期は、専各連体育大会、一心祭など様々な行事もあります。みんなで力を合わせて頑張っていきましょう。

恕の便りも長らく休んでしまいました。これから、また出していきます。

恕のたより vol.38

学校法人青照学舎の「学校説明会」が行われました。

学校長通信「恕のたより」-第38号-   学校長 高野 茂

去る6月11日(月)の午後13時30分からの校内見学をはじめに説明会が行われました。熊本県内公私立の高校等から多くの先生方の参加を得て、開催されました。青照館や駅前校の様々な取り組みや現状についての説明や来年度募集要項の説明と質疑応答が行われ、最後に在校生との懇談会を経て、無事終了しました。その後、アンケート記入や個別相談が行われました。参加いただきました先生方ありがとうございました。説明会での私の挨拶の骨子は次のとおりです。
メディカルカレッジ青照館は平成12年に開校した学校で、卒業生は県内外の多くの病院施設に勤務していますが、なかには、現在、大学で教鞭を執っている卒業生もいます。三角という自然に恵まれた環境のなか師弟一如の精神で、少人数による指導が徹底していることが青照館の強みだと思います。
一方、駅前校は、平成20年に開校し10年目を迎える学校です。両校とも今年度には卒業生が1000人を越える予定です。熊本駅のすぐ前にあり、交通アクセスが抜群によいということ、昨年開設した特養施設の「グッドライフ熊本駅前」が隣にあり、実践的な研修をいつでも行うことができ、より実践的な力をつけることができること、また、森都心プラザには市立図書館が入っており学習環境も整っている等の特色があります。
そして、両校に共通するのが、先生方が、徹底した個人面談を行うなど一人一人を大切にした指導が行われている。ということです。本日はその例として「学生面接記録用紙」を紹介します。これは頻繁に活用されており、必ず私の印まで据えるようになっていますので、学生情報の共有化が出来ています。少子高齢化が急速に進む超高齢社会の中で、医療分野に対する期待が高まり、予防医療も含めて、セラピストや看護師に対する社会からの要請には大変強いものがあります。また、セラピストや看護士という職業に対しては社会全体の評価が高く、収入も高く、仕事として安定しているという環境もあり、本校には4年制大学を卒業してから学んでいる学生たちもいます。
ぜひ、先生方には本学の取り組みをご理解いただき、一人でも多くの生徒さんにご紹介していただき、多くの生徒さんに希望してもらえることを強く望んでいます。

恕のたより vol.37

看護学科による「看護の日」の行事が行われました。

この行事は、「看護の日」にちなんで、特別講義の企画や看護協会などの催しに主体的に参加し、専門職業人としての看護職への自覚を高める。また、視野を広め、豊かな人間性を高め看護観を深めることをねらいとして企画されたものです。看護学科では、5月18日(金)に73名の2年生の参加を得て、ボランティア活動を行いました。
出発式にあたって、学生代表の中村くるみさんから代表挨拶を受けましたので、紹介します。

 

本日5月18日、看護学科9期生学生73名、看護の日の企画としてボランティア活動を実施させていただきます。
 今回の目的は、「これからの医療を担っていく看護学生に人々の健康を守り、増進していく看護の原点を考える機会とし、自分にできるボランティア活動を通して看護職への自覚を高め、豊かな人間性を養う」ことにあります。
 ボランティアの内容としては、熊本駅周辺の清掃活動、募金活動、グッドライフ熊本駅前入居者とのレクレーション活動を行います。
 「看護の心をみんなの心に」、というメインテーマのもと、各活動を通じて看護の心や助け合いの心を一人一人が分かち合い、地域の方々にもそうした心を育んでいただけるきっかけとなれるよう努めてまいりたいと思います。

心のこもった挨拶ありがとうございました。

※ 私の挨拶より
「看護の日」はナイチンゲールの誕生日5月12日に因むと聞いています。
熊本には第一次世界大戦中にフランスに派遣され、ナイチンゲール記章を受賞した竹田ハツメという看護師がいます。竹田ハツメさんは「私は飾り石のような華やかな人間になるより、裏石として目立たずとも、人を支える様な人間になることを臨む」というようなことを話されたそうです。まさしく、奉仕の根源はここにあると思います。
皆さんも今日の奉仕活動を頑張ってください。

※校長室前掲示板に、ボランティアの様子を紹介しています。