言語聴覚療法学科

言語聴覚療法学科の特徴

言語聴覚療法学科

言語聴覚士は、ことばによるコミュニケーションが不自由な人や嚥下(食べ物を飲み込むこと)に問題がある患者様をサポートする専門職です。ことばの遅れがある子どもへの支援も行い、医療分野だけでなく、教育や福祉の分野でも活躍が期待されている仕事です。

授業風景

1年次

言語聴覚障害概論I・II

小児から成人のコミュニケーション障がいと摂食・嚥下障がいの病態・評価・治療の概要について学びます。1年次に言語聴覚士の主な役割について知る重要な専門科目です。

2年次

失語症I~III

失語症は、後天的な大脳の損傷によって言語の4側面(聴く・話す・読む・書く)が困難になった状態のことです。4側面が脳内でどのように関わっているかについて学びます。

3年次

聴覚障害評価・訓練法I・II

聞こえに関するさまざまな検査について学びます。各検査の特徴や機器の操作方法、検査手順の他、安全かつ正確な検査を行う上で患者様への配慮ある接し方を学びます。

4年次

言語療法基礎I~III

国家試験対策の授業です。講義を中心に、小テスト、口頭試問や過去問を改変した問題を解きながら理解を深め、国家試験合格を目指します。