理学療法学科

理学療法学科の特徴

理学療法士

疾病や障害などから起こる身体の機能障害に対して、基本動作能力の回復を図るために、運動療法を中心に物理療法や義肢・装具などを補助的に用いながら治療を行う専門職です。

授業風景

1年次

総合教育I・II

学習の意義と心構えについて学び学習習慣の確立等を図ります。効果的な記憶の仕方や文献の読み方等実践を通して学習。自分の意見を論理的に表現することを目的としています。

2年次

解剖学演習I・II

骨や各部位あるいは筋の名称・走行など解剖学で学んだ知識を基に人体模型を手に持ったり、体に当てたり、また実際に身体を触りながら一つ一つ確認して学習していきます。

運動療法I・II

身体機能の改善を目的として理学療法士が行なう基礎医学をベースとした治療方法です。様々な症候や障害に対応した効果的な運動ならびに体操について実技を通して学びます。

ADL(日常生活活動)I

疾病などによって日常的に行われる身の回りの動作ができなくなった対象に対して、起居・移動動作・歩行を含む動作の再獲得を目指すための知識や評価法、指導技術を学びます。

3年次

臨床動作分析学

三次元動作解析装置という特殊な装置で、人体の動き、特に生活にとって基本となる立ち上がりや歩行といった動作を勉強し、臨床でも動きを観察できるように学びます。

4年次

国家試験対策

小グループ学習を中心に行い、担当の専任教員が模擬試験などを通じて弱点分析や個別指導を行います。また、国家試験を分析し特論演習で学習ポイントの指導を行います。