看護学科

看護学科の特徴

看護師

医師の指示のもとで診療の補助をしたり、療養生活をおくる患者様の日常生活のサポートを行うなど、医療チームの一員として最適な医療環境をつくり確かな技術と知識でケアを行う専門職です。

授業風景

1年次

基礎看護技術I〜V

看護の対象となる人々に、より健康を維持する生活を実践できるよう看護実践能力の基礎となる看護援助技術を修得するための授業です。1年次より病院への見学実習があります。

解剖生理学I〜III

人体の構造と機能について学び、病理学や看護学に発展させていきます。模型等を活用しながら、具体的に体のことを学習します。

2年次

小児看護学概論・援助論I・II

小児看護学は子ども観にはじまり現代の子育て支援、成長発達の視点で健康促進と健康障害を持った子どもへの看護を学びます。実習は保育園・小児外来・病棟に行きます。

母性看護学概論・援助論I・II

母性看護学は女性の一生についての健康問題について学びます。妊娠・出産・産褥期の看護や新生児の看護を学習し、生命誕生の神秘や命の尊さについて考えます。援助論では、新生児と同じ身長・体重のモデルを使って、抱き方、沐浴や授乳について技術演習をしたり、妊婦体験モデルを着用しどのような看護が必要かについて考えます。

3年次

国家試験対策

1年次から国家試験対策に取り組んでいます。3年次には、成績別に小グループ学習を中心に、個別指導や集中講義等も行い、細やかな学習指導をします。