6月14日にオープンキャンパスを開催しました!

6月14日(日)にオープンキャンパスを開催しました

新型コロナウィルス感染防止対策を徹底するため準備を念入りに行いました

各所に消毒液の設置、スリッパ等の備品の消毒、ソーシャルディスタンスを確保するために張り紙を貼るなどのありとあらゆる感染防止策一番意識し前日から職員同士意見を出し合いながら準備しました

 

準備万端で当日を迎えました

当日受付では来校いただいた方に密にならないように呼びかけをしたり、手指消毒や体温計測をしていただきました

 

それぞれの学科体験の様子です

学科体験でもソーシャルディスタンスをとることを意識したり、フェイスシールドで飛沫を防止するなど最大限の感染防止対策を行いながら進めました

 

●理学療法学科 「ケガをしないためのカラダのつくり方」

いろいろなストレッチを体験し、カラダをほぐしました

●作業療法学科 「やってみると面白い脳の検査」

知能検査を体験し、脳のトレーニングをしました

●言語聴覚療法学科 「文字について」

文字に関するクイズを実施し、文字は音と記号の組み合わせであること

を実感してもらいました音と記号をつなぐ脳の仕組みも説明しました

●看護学科 「美しいベッドメーキング」

看護師の基本、患者様のベッドメーキングです

なかなかシーツにしわができないようにするのは難しいです

 

幸いにも雨もひどくならず無事に開催することができました

沢山の方に来校いただきましてありがとうございました

 

次回のオープンキャンパスは7月5日(日)です

申込みはお早めにお願いいたします

第2回 オープンキャンパス

6月16日(日)に第2回のオープンキャンパスを開催しました

 

第1回目のオープンキャンパスも大盛況でしたが、今回も数多くの参加者に来校していただき、賑やかで活気溢れるオープンキャンパスとなりました

 

今回は、卒業生の講演会からスタート

 

姉妹校であるメディカル・カレッジ青照館理学療法学科7期卒の竹内寛貴先生(熊本リハビリテーション病院勤務)にお越しいただきました

竹内先生はモンゴルで2年間、青年海外協力隊として活躍され、今年の1月に日本に帰国されました

その時の経験をもとにモンゴルと日本の文化やリハビリテーション、保険制度の違いなど分かりやすく教えてくれました

まずは、モンゴル語で自己紹介!ペラペラでかっこよかった

自己紹介後は、参加者から思わず大きな拍手が飛び交いました

モンゴルで重大な問題となっているのは「大気汚染

その結果、子どもたちの呼吸器疾患が増え、今では5歳未満の死因第2位は「肺炎」だそうです・・・

そのような経験から今後は、「環境問題と健康」をテーマに世界規模いや、地球規模で活躍する理学療法士になると熱く語ってくれました

 

竹内先生は、「皆さんは将来何になりたいですか」と質問されました。

参加者の中にも、「私も将来は海外で活躍したいと思っていたため、とてもためになりました」という感想が聞かれ、有意義な時間となりました

最後に竹内先生は、

「どの仕事に就いても、それが終わりではありません。生きている限り、皆平等に夢を持ち、追い求める権利はあります。そのためには、人との繋がりや情報は大切。沢山の人と話して、自分の知らない世界をどんどん見つけてほしい

とメッセージを残してくれました

 

参加者だけでなく、在校生にも響いたと思います

竹内先生ありがとうございました今後のご活躍を期待しています

 

 

その後は、各学科の体験

理学療法学科では、「テーピングをしよう!~基礎偏~」

テーピングの巻き方を在校生や教員が説明しました。今回は保護者にも参加してもらい実践

「久しぶりに息子に触れました」とホッコリする意見が聞かれたり、「難しいですね~」という意見が聞かれたりと終始にぎわっていました。

スポーツ界でも理学療法士の活躍は大いに期待されています。参加者もとてもためになったのではないでしょうか

8月4日にテーピングの応用偏を行う予定ですので、興味がある方は是非たくさんのご参加をお待ちしています

 

作業療法学科では、「集団作業療法を体験してみよう」

参加者で「フルーツバスケット」を行いました。リーダーは作業療法学科の3年生です

ハキハキとした進行で、参加者をまとめていましたよ

今回のルールは「隣の席に座る人は初対面の人」です。

参加者は、緊張した表情でしたが、集団活動が始まるとみなさんの活き活きとした表情が見受けられ、楽しそうな笑い声まで響き、活動を楽しんでいました。作業の効果ってすごいですね~

 

言語聴覚療法学科では「なくした声を取り戻そう」

在校生から言語聴覚士について分かりやすく説明

声の出ない方に対して、発声を補助する目的で作成された「電気式人工咽頭」という機器があります

それを在校生が使用して、参加者からの質問に答えていました

在校生も機器の使用には難さを感じていましたが、教員がナイスフォロー頼りになりますね

参加者も楽しそうに話を聞いていました

 

看護学科では「衛生的手洗いで感染を防ごう!」

医療職を目指すものとしては、欠かせないのが「手洗い」です。患者さんに対して感染源にならないように介入する前と介入した後には必ず手洗いをします。今回は、手洗いの仕方を在校生が細かく説明し実践

その後、どの程度汚れが取れたのか、専用の機械を使ってチェック

すると・・・

「最初より綺麗になったけど、まだ残っていますね~」など参加者から発言が聞かれていました

手洗いの重要性がわかっていただけたでしょうか

 

最後は、在校生との談話会です

最初に、看護学科2年生の渡邊君から挨拶がありました。

学生とは思えない教員なみの挨拶に、教員も脱帽

素晴らしいことです

 

談話会中は、学校での様子や、入学試験はどのような内容だったかなど、在校生しか分からない内容を参加者が積極的に質問していました

今回の談話会でのアドバイスをもとに、今後の進路決定に役立ててくださいね

ここで紹介

今回の昼食は、最近学校内で販売されている「ヘブンズキッチン」というカフェで作られたお弁当でした

とてもおいしいんです学校では、行列を作るほどの大人気ぶりです

写真を撮り損ねてしまいました。。。

 

最後は、理学療法学科3年の阿多君から、「是非私たちと一緒に夢に向かって頑張っていきましょう」とエールを送り、今回のオープンキャンパスは終了

終了後は、在校生の働きぶりに教員は感銘を覚えたと同時に、成長を感じることができとても嬉しく思いました

次回は7月14日(日)に開催します。

みなさまの参加をお待ちしています

 

2019年度 第1回オープンキャンパス開催しました!

2019年4月21日

本年度第回目のオープンキャンパスを開催しました

今回は『医療の職業体験ブース』ということで、

当学院にある4つの医療職種を体験し、職業を知っていただく機会としました

朝からでしたが、進路に悩む高校生を中心に、遠くからも参加をいただきました

職業体験ブースでは

各学科ごとに、多彩な体験を準備してあり、盛りだくさんの内容を体験できるようになっていました

各学科の体験を少しご紹介します

まず、

理学療法学科です

理学療法学科では4つの体験がありました

テーマ『カラダを測ろう

テーマ『マイクロウェーブを体験しよう

テーマ『スポーツ現場での対応

テーマ『関節の動きを学ぼう

日頃見ることのない、様々な機械を用いたもので、高校生も興味津々でした

続いて、

作業療法学科

作業療法学科では3つの体験がありました

テーマ『ボールプール遊び』(発達機能部門)

テーマ『ココロをケアする作業療法』(精神機能部門)

テーマ『車の運転に必要な脳力 色のマジック』(身体機能部門)

作業療法学科では、日常で身近にあることを専門的視点で感じることができ考えが広がりました

続いて、

言語聴覚療法学科

言語聴覚療法学科では3つの体験ができました。

テーマ『色々な音を聞いてみよう

テーマ『言葉の真似をする力

テーマ『飲み込むってどんなこと

言語聴覚療法学科にはたくさんの高校生が集まり、終始賑わっていました

最後に…

看護学科

看護学科では2つの体験ができました

テーマ『血圧を測ろう』

テーマ『赤ちゃんの呼吸・心臓の音を聞こう』

看護学科にもたくさんの学生が集まり、血圧を測られる体験はもちろん、

測る体験も行い聴診器からの音を初体験できました

体験ブース終了後は、

教員及び在校生と交流会があり、さまざまな意見交換がなされました

在校生の代表挨拶は

新・旧自治会長で楽しい学内での動向を含めて話があり、

終始アットホームな様子でした

今回は、4種の医療職体験を通して、

これまで知らずに気付かなかった、各医療のお仕事を知ることができ、

自分自身の将来への選択枝がさらに広がったようでした

今後も、医療の仕事について、オープンキャンパスを通して情報発信していきます

次回は、日に第2回目を開催します

まだまだ、奥の深い医療職…そして、エキガクの魅力を、

実際に目で見て、体感していただきたいと思います

今回とはまた違った内容でお送りしますので、ぜひ何度でも見に来てください

みんなで、待っています

 

第4回オープンキャンパス(入試セミナー)を開催しました!

今月は数多く台風が発生していますね

皆様いかがお過ごしでしょうか?

8/26(日)に第4回目オープンキャンパス(入試セミナー)を開催しました

今年度、何度も参加されている方々もおられました。本当に有難うございます

今回のテーマは『国語・数学の試験対策と面接のポイント』を学んで頂きました

難しい問題も数多くありましたが、ポイントを押さえられた分かりやすい説明で、参加者の方々は頷きながら必死にメモを取られていました

『面接でのポイント』は在校生をモデルケースとしましたので、違いが見えやすく、更には面接官の視点で多くの気付きを得ることができたのではないでしょうか

今回のポイントはぜひ活かして下さい

早速ですが、来月の10月7日(日)に理学・作業療法学科と看護学科の入学試験があります

それ以降の入学試験の日程につきましては、本校の募集要項をご参照下さい

皆さんが本校を受験されることを教員一同、心よりお待ちしております

 

第3回 オープンキャンパスを開催しました!

まだまだ暑い日が続いており、脱水等に注意が必要ですね

本日8月19日(日)平成30年度第3回目のオープンキャンパスを開催しました

今回はお申し込みされる方が急遽変更となり、バタバタで準備をさせて頂きました猛暑の中でしたが、多くの方々に御参加頂きまして有難うございました

本校の階段教室は多数の参加者でびっしり

すごい光景でした

まずは開会にて学校長の挨拶、学校全体の説明等

その後待ちに待った各学科の体験セミナーの為、各教室へ移動

理学療法(PT)学科 『スポーツにおける傷害予防Ⅱ~テーピング~』

本校の在校生が中心となってテーピングの説明実技を行いました

皆さん食い入るように興味津々でテーピングを見られていました

作業療法(OT)学科 『こころの病と作業療法』

講義内では参加者の方々への質問だけでなく、動画もあったりと興味深い内容で作業療法の魅力だけでなく本校の学科の特徴について多くのことを知って頂けたのではないでしょうか

看護(Ns)学科 『フィジカルアセスメント』

主に聴診器を用いて心臓や肺の音など、模型を使ったり、学生同士で確認しあったりと楽しく体験されていました

思っていた音と違うとびっくりされた人も多かったと思います

『在校生講演会』は,各学科の代表学生(4名)さんに自身の “高校時代のエピソード”から “なぜその仕事を選んだのか” “いまどんな学校生活を送っているのか”など、色々とお話してもらいました

最後に『エキガク交流会』では,

各学科の在校生と会話を通して悩んでいること、もっと知りたい情報など多く得ることが出来たのではないかと思われます

参加者の皆様、本日は暑い中有難うございました

次回は8月26日(日)入試セミナーです

皆様の御参加を心よりお待ちしております