学院案内

ご挨拶

高い人間力と技術、知識を身に着けて社会へ

超高齢社会のニーズに応えるべく、学校法人青照学舎は 2000年4月、リハビリテーション・セラピストの養成校、メディカル・カレッジ青照館を設立しました。教育の理念に「愛と和」を掲げ、高齢社会の中で、身体的、精神的に病める様々な方々に対して、機能回復のための治療や支援を行うとともに、人としての優しさ、高い人間力をあわせ持つ理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を養成し、毎年多くの求人が寄せられています。

また、2008年には理学療法士、作業療法士と看護師を育成するため熊本駅前看護リハビリテーション学院を設立。発展が期待されている熊本駅前エリアで、最先端の医療機器を導入し充実した教育環境を整備することができたと考えております。

本学は、これまでの経験・実績を生かし、国家試験対策、就職支援にも万全を期する所存でございます。

医療・福祉の分野は、今後も一層の雇用の創出が見込まれております。「少しでも多くの若者が本学で国家資格を取得し、社会に出て活躍してくれることを心より祈念しています。

理事長 竹村 照章

建学の精神

激変する社会情勢の中、我が国では、真にリーダーシップがとれる人材が不足し、多くの人が、社会全体への貢献と恩恵に対する感謝というものを忘れかけているように思われる。

グローバル化した現代社会においては、海外の文化を上手に取り入れ、なおかつ、和の精神を取り戻す教育が必要ではないかと考える。

本学では、医療に関する高度な知識や技術を持ち合わせる即戦力の医療技術者を養成することはもちろん、人として、心からそばにいてほしい!と思われる「本当の医療人」を育成したい。

社会を構成する一員としても、自らを賭してでも社会・人のために行動できる勇気と情熱を持つ、すなわち高い人間力を有する人材育成を行いたい。

教育理念

愛は医の道の出発点である

愛の心を持って病める人の心と身体を癒そう

和は社会人としての道の基本である

和の心は人・社会・国に平和を与える

「愛と和」の心を持ちこの学舎で共に学び

医療にたずさわる者の道を終生進もう