学校長通信-第23号-「表彰式・対面式」 | 熊本駅前看護リハビリテーション学院 学校長通信-第23号-「表彰式・対面式」 | 熊本駅前看護リハビリテーション学院
お知らせ News お知らせ News

学校長通信-第23号-「表彰式・対面式」

2017.04.12

年度初めの表彰式・対面式が行われました。


6日に理学療法学科・作業療法学科の新入生オリエンテーション、学生集会、各種表彰式、対面式、新任紹介、クラブ活動紹介が行われました。成績優秀として表彰を受けたのは次の学生さんたちです。
理学療法学科2年 井上 舞 さん
理学療法学科3年 平川史紋 さん
理学療法学科4年 和田龍星 さん
作業療法学科2年 山田菜帆 さん
作業療法学科3年 山口博子 さん
作業療法学科4年 琉子るみなさん
看 護 学科2年 相馬美咲 さん
看 護 学科3年 村山阿里紗さん
以上の学生さんです。その他、多くの学生さんが成績優秀者として表彰されました。看護学科は表彰式は7日に行われました。
対面式でのあいさつの要旨を少し補って紹介します。
○ 平成29年度がいよいよスタートした。この時期は清明の候にあたり、万物がすがすがしく美しい頃で、まさに新しい年度を告げるにふさわしい時期といえる。
○ 一年生は、入学式と今日をもって、名実ともに熊本駅前看護リハビリテーションの学生としてスタートを切ることになる。
○ 学校は新たな人との出会いの場、同級生に出会い、先輩に出会い、先生方に出会い、地域の方々に出会う場です。その中で自分づくりが始まり、新しい自分との出会いにもなる場である。
○ 人は、出会いにより、それからの人生を大きく左右される場合がある。特に青春期の出会いでは親友を得たり、一生の師と仰ぐ人を得たりする。
○ 「出会い」は、人にとってすばらしいできごとや時間を招く。特に新入生にとってみれば、専門学校での、新しい自分づくりの第一歩ともなる。
○ 本学は、高校とは違い、年齢差もあり、経験も違う学生さんの集まりであるとともに、同じ医療系の進路目標を持っている学生の集団で共通している部分も多い。それだけに共有できる話題も多いのではないかと思う。
○ 学校の講義を中心に、部活動や学校行事など沢山の出会いを大切にしてください。