学校長通信ー第12号ー「都市バス体験」 | 熊本駅前看護リハビリテーション学院 学校長通信ー第12号ー「都市バス体験」 | 熊本駅前看護リハビリテーション学院
お知らせ News お知らせ News

学校長通信ー第12号ー「都市バス体験」

2016.11.09

学校長通信「恕のたより」ー第12号ー 学校長 高野 茂

車椅子でのバス昇降体験実習に挑戦バリアフリーについて考えました。

 
11月8日(火)に理学療法学科・作業療法学科の2年生が、すぐ近くにある熊本都市バス株式会社 本山営業所(熊本市中央区本山2丁目9-32)にお伺いして車椅子でのバス昇降体験実習を行いました
この研修目的は、公共交通機関(都市バス)のノンステップバスやリフトバスへの車椅子昇降体験などを体験することで、健常者・障がい者の両方の立場からバリアフリーやユニバーサルデザインの取り組みについて理解を深めることにあります。
学生さんたちは、3台のバスを利用して、車椅子に乗る役と押す役に分かれてノンステップバスやリフトバスへの昇降や車内での車椅子固定方法などについて、熊本都市バスの方の指導を受けながら、学習を深めました

1

車椅子で乗車する様子です。なかなか重い

 
私もそばで見学させてもらいましたが、バスに乗り込むときに相当な力がいる感じを受けました。1人の力でなかなか乗ることができず、もう1人の援助を得て乗ることができたり、車椅子の操作に戸惑う場面があったりと一人ひとりが貴重な体験をしたように思います
超高齢社会が進行する中で、このような実習は、これからリハビリテーションの専門職を目指す学生さんにとって大変貴重な経験になったと思います。これからも色んなバリアフリーについて考えを広めてください

2

バスの中で車椅子を固定している様子

 
ご指導いただきました熊本都市バスの関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。