お知らせ

給付奨学金に係る家計急変の弾力的運用について

新型コロナウイルス感染症の影響で、家計が急変した世帯のうち、給付奨学金の申込みを希望する場合は、日本学生支援機構から弾力的に取り扱うこととする通知がなされていますので、お知らせします。

(1)支援対象者

生計維持者の死亡・事故・病気・失職、震災・火災・風水害等に被災した場合に類するものとして、生計    維持者(※1)が雇用保険の加入対象外(自営業者等)であって失職や収入減少した場合も対象(※2) となり得ます。

※1 本人が令和元年度に住民税を課税されていた場合であって、新型コロナウイルス感染症の影響により失業した場合も含みます。

※2 本取扱いは、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた場合に限ります。

(2)証明書類

通常の家計急変申込時に必要な書類(家計急変後の給与明細等)に加え、下記書類も必要です。

a新型コロナウイルス感染症の影響による収入減少があった者等を支援対象として、国及び地方公共団体が実施する公的支援の受給証明書又はこれに類するものと認められる公的証明書(コピー)

b家計急変後の年間見込収入に基づく「進学資金シミュレーター」の「給付奨学金シミュレーション(保護者の方向け)」での結果表示画面を印刷したもの(対象外は該当しません。また、機構の審査結果が異なる場合があります。)

(3)事由が発生した日

新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて、収入が減少した月の末日

(4)その他

a学業基準、家計基準のうち資産基準、大学等への入学時期等に係る基準については、通常の家計急変の場合と同じ基準です。

b申込み時点で、上記(2)aの公的証明書が発行されていない場合は、とりあえず申込みを行い、後日、証明書を提出してください。申請書に基づき審査を開始し、証明書の提出をもって選考が行われます。

 

 

※「給付奨学金申請書」と「給付奨学金確認書」は、ホームページにアップしている「給付奨学金案内―家計急変―」にあります。

※「マイナンバー提出書」は、140円切手を貼ったA4が入る返信用封筒を学校へ郵送して請求するか取りに来てください。

家計急変