お知らせ

学校長通信「恕のたより」-第43号-「看護学科就職ガイダンス」

令和2年看護学科就職ガイダンスの開催

                       -学校長通信第43号- 学校長 高野 茂

令和2年2月17日(月)に森都心プラザ5階で、1.2年生を対象に看護学科就職ガイダンスが開催されました。
ガイダンスは午前と午後の二回に分かれて開催されましたガイダンス会に先立ち挨拶をしましたので要約を紹介します。
本日は新型コロナウィルスの問題など業務ご多忙にもかかわらず、本学院看護学科就職ガイダンスにおいでいただきありがとうございました。また、日頃から学生の実習受け入れなどにご理解、ご協力いただいていますことにも併せて感謝申し上げます。
今回の就職ガイダンスは、熊本県の看護学生県内定着推進事業の補助を受けて、県内の皆様の病院、施設をお招きして実施いたします。
本学院は平成20年に開校し看護学科は翌年に第1期生を受け入れ、現在第8期生まで合計566名の卒業生を社会に送り出しているところです。
教育理念として「愛と和」を掲げており、思いやりと協調性を重視した教育に取り組んでいます。また、医療に関する専門性の向上を基本にして、医療従事者としての倫理観や幅広い教養と人間性の育成に努めています。本学では、先生方が学生一人一人を大事にしたきめ細やかな指導をするように心懸けています。
おかげをもちまして、医療系専門学校では熊本県下ではじめて、文部科学大臣から「職業実践専門課程」の認定を得ることができました。
これに基づき、教育課程について外部の識者を交えた編成委員会や、学校関係者評価委員会を開催して、学校の活性化に取り組んでいるところです。
本日は、学生諸君に各病院・施設の特徴をしっかりと把握し、就職へのイメージを実感してもらうとともに、進路先決定につなげてもらいたいと強く願っているところです。
これから病院・施設におかれましては、各ブース形式によるプレゼンテーションで長時間にわたってお世話になります。
学生諸君には、病院・施設の担当者の方の説明をしっかりと聞き、将来の就職の一助にしてください。
それでは、本日お見えの病院・施設の皆様と学生の間によいご縁ができますことを祈念して挨拶に代えさせていただきます。