お知らせ

学校長通信「恕のたより」-第33号-「国家試験模試で全国2位の快挙!!」

国家試験模試で全国2位の快挙!!を達成

理学療法学科・作業療法学科の4年生、看護学科の3年生は現在、国家試験合格を目指して頑張っています。そのような中で去る11月10日(金)に実施されました2017年度第1回医歯薬模試に於いて本学4年生の和田龍星くんが総得点で見事全国第2位の成績を収めました。
受験者総数は6483人(内訳:大学3199人、専門学校3284人)であり、280点満点の233点で、最高得点が237点でしたので、1位とは僅か4点の差でした。その中で、専門基礎分野では全国1位でした。
すばらしい快挙で、忙しい時間の合間を縫って校長室に来てもらい、担任の佐藤先生とともにお話しを聞かせてもらいました。

 日頃、心懸けていることはどのようなことですか。

○何でもこれをやろうと一度心に決めたら、「続けること」を心懸けている。しかし、状況が変わったらそれに応じて、変化させて続けるようにしている。
○現在は、国家試験合格に向けて、班別に動いている。5人の班員とともに励まし合いながら、頑張っている。一人ではくじけそうになることも仲間がいて励まし合っているので続いているのだと思う。

 

 後輩に対するアドバイスをお願いします。

○自分は、この学校に入って理学療法に関する仕事のおもしろさに気づく中で、勉強に対してエンジンが掛かりはじめた。それから自分なりに理解できるまで疑問点などに向き合った。(そういえば、彼の姿は職員室でよく見かけたし、講演会でもよく質問をしていた。)
○一つ一つのことにしっかりと丁寧に向き合うことが大事だと思う。

 

 担任の佐藤先生から

○3年生の時から担任しているが、クラス委員を引き受け、クラスのリーダーとしてクラスをまとめ、いい方向に引っ張り上げてくれた。

 

校長室に入って、彼の顔を見た途端に「なるほど」と思いました。彼は大分県出身だそうです。特技は「日本拳法」で、格闘技が大好きだそうです。現在は、学校で90分の4コマ(360分)、放課後、2時間程度の勉強を心懸けているそうです。それに帰宅してからの時間もプラスされます。たぶん相当な集中力があるのだと思います。次回は是非全国1位を目指してほしいものです。