お知らせ

学校長通信-第29号-「宿泊研修で1年生が白衣授与式」

「熊本県立天草青年の家での宿泊研修で1年生が白衣授与式」

先週の12日(水)から14日(金)にかけて上天草市の「熊本県立天草青年の家」において、本学理学療法学科・作業療法学科1年生の宿泊研修が行われました

熊本駅をバスで出発し、途中下車し、約2キロにわたるペーロン漕艇を経験して目的の青年の家に到着しました

入所式を済ませて、ナイトセミナー、特別講義、グループワークなど多彩な研修が用意され、学生諸君も積極的に参加しました

最終日には、締めくくりとして「白衣授与式」が行われました。式では学科長から「白衣」を緊張した面持ちで受け取り、決意を新たにした雰囲気が窺えました

 学校長式辞

 第10期生の皆さん、白衣授与おめでとうございます。
白衣授与式は、白衣の授与を通じて、セラピストに対する強い自覚と決意を促すという、セラピストを目指す者にとって、意義ある通過儀礼であります。今、皆さんの姿を見ていますと、自らの進むべき道をしっかりと見定め、自信に満ちあふれた雰囲気が漂ってきます。
本学院では、「愛と和」の教育理念のもと、リハビリテーション医療を通じて、医療、保健、福祉の分野に貢献するとともに、人間愛に基づいた深い素養と確かな技術に裏打ちされた質の高いセラピストの養成を目指しています。
皆さんにとって、今日という日は、これまでの学んだ知識をもとに、病院などでの本格的な臨床実習に取り組んでいくという、新たな決意の日になります。
この晴れの門出にあたり、私の所感の一端を述べて激励の言葉といたします。
リハビリ医療は「リハビリ・マインド」を持っておくべきだと云われている。それを3つの側面から云うと、1つ目は、「障害を診る心を持つ」こと。2つ目は、「在宅での生活はどうあるべきか」ということや「生活の場として施設を利用する場合にはどうあるべきか」といった「障害者の社会復帰・社会参加をめざす」ことを心がけなければならないこと。3つ目は、チーム全体の総合力が患者さんに障害を克服する力を与えており、「チームを大事にする」ことです。
言い換えれば、患者さまの機能回復、さらに社会復帰・社会参加への道をめざすために、コミュニケーションなど様々な手段を通じて、患者さんをしっかりと観察し、深い洞察力のもと、回復のための計画を立て、チームとして実践していくことが必要であるということであります。
皆さんもわかっているとおり、セラピストは、人生をあきらめかけた人間から、人生をよりよく生きる人間に変えるという、崇高ですばらしい職業であります。
だからこそ、皆さんがこれから一人前のセラピストになるまでの道のりは、決して平坦なものではありません。一人前のセラピストになるには、多くの試練が待ちかまえています。しかし、苦難をのり越えて、到達する道であるからこそ、尊くて価値があるのです。皆さんが、本日の白衣授与式を、大切な区切りとして、本学院に所属している自分自身に自信と誇りを強く持ち、セラピストの職務の重要性をしっかりと認識し、愛と和の心を持ち続け、自己実現を図ってくれることを期待しています。